コピー

先日、お問い合わせで「作ってもらったCD-Rは複製可能でしょうか?」と言う内容のものをいただきました。
弊社のCD-Rのデータ形式は「wma」?「wav」?といった内容もあり、「あ、誤解されているご様子。」とお察ししました。

結論から言えば弊店のCD-Rは一般に販売されている音楽CDが複製できる環境をお持ちであれば、問題なく複製できます。「AudioMASTER」で書き込みされていても同様です。
一時、一般に販売されているCDの中に「コピープロテクト」が施されている物がありました。
これは普通の機器でも再生できないこともあったりしたりして、今は殆どないと思います。

「オーディオCD」を作るときには「wav」ファイルや「aiff」を使いますからこれらのデータがそのまま書き込まれていると誤解されている方も多いようです。
データファイルの形式が「オーディオCD」か「データCD」かを決定していると・・・

「オーディオCD」か「データCD」かは、作成するときのデータ形式によりません。
作成するときのディスク形式(フォーマット)が何であるかがすべてです。

「wav」「aiff」はほぼ、デジタル音声の「生」のデータですからこれを「使って」オーディオCD形式でライティングソフトが作成してくれます。できたディスクの中身は「wav」でも「aiff」でもありません。ただ、パソコンにインストールされたソフトによっては音楽CDをマウントすると、中身が「.wav」「.wma」と表示されたりするのでユーザは誤解するんですよね。

今は「mp3」からもライティングソフトはオーディオCD-Rを作ってくれます。
「mp3」は不可逆圧縮されたデータですから、ライティングソフトはデコードしながら書き込むべきデータを作成しつつ、書き込んでいることになります。


昔はこのあたりの知識がないとwavファイルの入った「ただのデータCD-R」をつくってしまい、オーディオ機器で再生することが出来ないトラブルがありました。

最近のライティングソフトはファイル形式でディスクフォーマットを自動で決定するものもあって、便利になった一方、ユーザは何をしているか把握できないことも多いようです。


とにかく、弊店のお作りするCD-Rは容易に複製可能です。



H&Sクリエイト
Calendar
<< May 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
others
admin