Technics SP10MK2 A

とんでもない仲間がH&Sクリエイトにやってきました!!
Technics SP10MK2A + Technics SH10B3 + SAEC WE-317
今や伝説の名器と言ってもいいでしょう。
重量は合計すると軽く20kgは超えます。

友人のお父上の「形見」をいただいてしまいました。
もちろん完動品、超美品!

とりあえず外観は全く問題なし。所有者が大事にされていたのがよく分かります。
ダストカバーが開いたままではとまらない・・・ヒンジの下のねじで調節できました。

アームを取り外し点検。ベース等の取り付け部を増し締めし、組み立て。
全くガタは無く実にスムーズ!!

このアームは「ダブルナイフエッジ」という実に理想的かつデリケートな構造を持っているので経年変化が怖いそうなのですが、全く感じません。

電源を入れます。電源部は本体と別れてキャノンプラグで接続。
ランプ点灯。上から覗くとストロボが見えます。
スイッチオン!!瞬間で回転したと思うと、即ストロボがストップ(安定)!!
すごい!!これが噂の6kg・cmの起動トルク!!
SL-1200MK6のなんと4倍。レコードの再生中のクリーニングも可能とか???

レコードを掛けてみます。
もちろん問題なし。
聴きこんでないのですが、SL-1200MK6とは明らかに違います。
パッと聴いて、青年が大人になったような・・・
音に弾力性あるというか、存在感があります。

もう少し調整、確認をしてウチのメイン機器としていきます。

30年近く前、手の届かなかった雲の上の名器が突然目の前に現れました。

興奮してます。


H&Sクリエイト

sp10-2a.jpg
Calendar
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
others
admin