カートリッジ

ウチで使ってるメインのカートリッジは「MC型」の「DENON DL-103」です。

このカートリッジは昭和39年、当時の「日本コロンビア」とNHKとが放送設備のため共同開発しました。もちろん多くの放送局で使用され、事実上の「日本の標準機」です。
皆さんが昔からお聴きのFM放送のレコードの音質はこのカートリッジの音であると言っても過言ではないと思います。
スタッフはこれを昭和50年頃より愛用しています。

なぜMCカートリッジか?
カートリッジには大きく分けて「MM型」と「MC型」の2種類があります。一般家庭用には「MM型」が圧倒的に多いです。簡単に特徴をあげると。

「MM型」:「ムービングマグネット型」は本体に比較的大きなコイルを持ち、カンチレバー(一般に「針」と思われている。実際の「針」はレコードに接するごく小さな物です。)
の根本に小さな永久磁石がついてます。これがレコードの溝に沿って動くので「ムービングマグネット型」と呼ばれます。構造が簡単な為比較的安価で「針」も交換しやすく最も普及しました。コイルが大きな為、出力電圧が高く扱い安いことも幸いしています。

「MC型」:「ムービングコイル型」は「MM型」と正反対の構造を持ちます。本体に大きな永久磁石を持ち、カンチレバーの根本にごく小さな「コイル」が巻いてあります。
「DENON DL-103」では、十字型に2本のコイルを配置しています。動くカンチレバーにコイルを持ちさらに信号を送る微少な配線が施されているのですから原則「針交換」は出来ませんし、「MM型」に比べ高価。コイルが小さいため出力電圧が低く昇圧トランスやローノイズのヘッドアンプが必要となり安価なシステムでは採用しにくいです。
ただし、大きなマグネットで強く安定した磁場を作ることが出来、その理想的な環境で「発電」するので見かけの「出力電圧」は低くても「出力電力」(電圧*電流)は「MM型」の数倍から数十倍となります。コイルの十字型はレコードの溝の変化方向とキレイに一致し、これらが高音質につながっていると考えます。

これらの特徴を持つ「DENON DL-103」は当然のごとく「超ベストセラー」を誇ります。
他にいくつか「MC型」も所有していて、それらはそれなりに高音質ですし、さらに高額なものはもちろん超繊細な音と超広域周波数レンジを持ちます。
しかし、カチッとして骨太。音楽の「存在感」は「DENON DL-103」に勝る物はなぜか少ないように思われます。何せ「標準機」ですからね。耳が慣らされてだけかもですが・・・(笑)
dl-103.jpg
Calendar
<< May 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
others
admin