MR-1000

メインにアナログをデジタルに変換している機器です。

当初、生録用に導入しました。ファンタム電源も供給できるので、コンデンサーマイクを直づけできます。ワンポイント録音ならこれで十分。マイクはRODEの「NT4」を所有しています。
このマイクはワンポイントステレオコンデンサーマイク(「エレクトレットコンデンサー」ではないですよ、念のため。一般ではほとんど区別してませんが・・・明確に違います。)としては抜群のコストパフォーマンスを誇りますが、やはり1本30万円を超えるようなものと比べると負けちゃうので原則、生録は業務としていません。それにあえて言えばほんのちょっと太めの音の印象。でも、もちろん一般の方がお持ちのポータブルMD+5000円くらいの「エレクトレットコンデンサーマイク」とは次元の違う録音ができます。

依頼があれば奈良県内だったら生録行きますよ。格安で。(笑)
クラシックはなんと言っても「ワンポイント録音」が基本なので結構いけます。

ホールはどこでもそんなに安物のマイクは使ってないのですが、配線があまりに長ーいですね。
天井から吊ったマイクの信号はは先ず、遠い調整室にある「調整卓」に入ります。
舞台袖等にある出力はその調整室からまた長ーいケーブルで繋がれています。
それにホールスタッフにお願いすると凄まじい「コンプ」(コンプレッサー:圧縮のこと。楽器が入ったりすると音の大小の差がとても大きく、後で聴くと聴きづらい。普段は人間の耳(脳)が圧縮して聴いてるんですね。)が掛けられたりして、クラシックには到底受け入れられない録音になることもしばしばです。

うちがやればそんなことはないですが・・・・

あ、「MR-1000」の話でしたね。(笑)
これは業界初の「ポータブル1bitレコーダ」です。
理屈はともかく、とってもいい!

前述の生録できるし、ライン入力はプロ用の「バランス入力」だけに見えますが、キチンとフツーの「アンバランス」にも対応しています。(自動切り替え)
ウチでは少々拘ってAC電源を使わずにバッテリーで使用してます。

以前はUSBオーディオインターフェースも使っていましたが、これを導入してからほぼこれのみです。

やはりコンピュータとオーディオは離したいです。

これでアナログを「MR-1000」の内蔵ハードディスクにデジタル記録し、接続ケーブルを外して別室にあるパソコンにUSBで接続してデータを転送します。少々データが大きくてもUSB2.0ですから、あっという間。

デジタル変換している時にオーディオに繋がっているデジタル機器はこれのみです。
唯一のこれはバッテリー駆動。

なんか、よさげ、でしょ?(笑)

MCカートリッジからの電圧はとっても低いですから、どんなものでもデジタル機器はなるべく離したいですよね。

それともひとつ・・・購入当初から思ってたんですが、このディスプレー。
マックの「シカゴフォント」じゃない???それにアクティブウインドーを示す表示も・・・

コンピュータフォントの「芸術」とまで言われた、マックのシステムフォント「シカゴ」。
ですよねえ。詳しい方になんでKORGが使ってるのか教えて欲しいです。

H&Sクリエイト


mr-1000.jpg
Calendar
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
others
admin